ブログ

ブログ

ヘアメイクの仕事とは何か?

“ヘアセットやメイクが好き”。これらを趣味や夢から一歩進んで“プロの”職業として考えた場合、どのような分野の仕事に就くのかメイク・ヘア関連を職種別にご紹介します。

ヘアメイクアップアーティスト

主にモデル、タレント、女優/男優、ミュージシャン、アーティスト、政治家、有名人など
マスコミで活躍している人たちのヘアメイクを担当します。

ヘアメイクアップアーティストの仕事は多岐にわたり、・雑誌・カタログ・ポスター・ショー・ステージ・イベント・広告・CM・プロモーションビデオ・映画・ドラマ・TV・舞台など

成人式、イベント、ショーなどの、媒体(映像)に残らないものから、あらゆる印刷物、ビデオ、CM等のように媒体(映像)に残るものまで、多数となります。

目にふれるこれらの媒体には、ほとんどヘアメイクアップアーティストが担当しています。

ブライダルのヘアメイク、スタジオでのヘアメイクも、ヘアメイクアップアーティストの仕事の一部になります。

メイクアップアーティスト

ヘアをやらずにメイクのみを行う人のことを指し基本的にヘアメイクアップアーティストと同様の仕事を行います。

ブライダルヘアメイクアーティスト

挙式の際の新郎新婦及び参列者のヘアメイク(一般の方が対象)を行います。

ビューティーアドバイザー(美容部員)

化粧品の販売のためのメイク(一般の方が対象)を行います。

化粧品メーカーで、化粧品の販売が第一の目的でメイクをする仕事です。

メイクサロン勤務・開業

メイクアップを施すサロンです。(一般の方が対象)

眉のお手入れからフルメイクまでお客様の要望を叶えることが仕事で、
サロンサービスからメイクレッスンサービスまで幅広いサービスを行います。

フォトスタジオ(写真館)勤務

成人式、七五三、家族写真、証明写真など様々な写真撮影をするスタジオにてそれに伴うヘアメイクを行います。(一般の方が対象)
各衣装やブライダルドレスまで置いてある撮影スタジオ(写真館)もあります。

< ヘアメイクになるには?  /   資格やヘアメイクを目指す年齢について >